京都きものレンタルマニュアル

和装の前撮りはデータ納品も忘れずに!年賀状用の印刷が自宅で可能

京都で着物体験
前撮りの時は年賀状用も撮影しよう

和装姿で前撮りをおこなう場合、自身達の記念写真として美しい写真を
手に入れることに注目しがちですが、折角なら年賀状用も頭に入れて
カメラに収まると良いでしょう。

 

和装の良さは新年の挨拶状という年賀状にも使用できるという点で、
家族や友人だけでなく仕事上の付き合いがある方に送っても失礼には当たりません。

 

年賀状用の前撮りの場合、理想的なカメラアングルは正面を向いて全員の上半身が
アップになっている写真です。

 

年賀状は縦25cm・横15cmの大きさになるため、被写体が遠く離れた場所にいると
顔をしっかりと確認できなくなります。

年賀状にも使える

 

そのため上半身がしっかりと収まるようなアングルで前撮りをうるのが理想的です。
たとえば七五三であれば、お子さんが座ってカメラを上から構えた写真にするのも
良いでしょう。

 

結婚用のものであれば、二人で正面を見据えて肩を並べているもの・家族写真なら
真ん中の方が座って両左右で囲むようにするのがいい構図です。

 

カメラマンに年賀状でも使用したいと申し出ればベストアングルを探し出して
撮影指示をしてくれるので、必ず申し出るようにしましょう。

 

綺麗な構図で年賀状に印刷すれば、良い挨拶状になります。

 

データはCD-ROMに入れてもらおう!

 

撮影データ

前撮り撮影の場合、依頼者が申し出ない限りは年賀状に向いているデータの納品を
受けることができません。

 

そのため年賀状にも使用したい場合は、必ずその旨を写真スタジオに申し出ておく必要があります。

 

和装は年賀用の挨拶に非常に向いているので、お子様・ご夫婦・家族全員の和装撮影時は
数カットでデータを持っておくと重宝します。

 

この時、受け取るメディアはCD-ROMが理想的です。
その理由は自宅で印刷をする時に、パソコンを使って自分で年賀状を印刷することができるからです。

 

一般的なスタジオでは撮影した記録をフォトブックという形で納品されます。
このフォトブックでは読み込みをおこなってもスライドショーになってしまって、
年賀状に印刷することができません。

 

もしも年賀状に印刷をしたいという時は、専門会社に依頼をしないといけないのでコストが
掛かってしまうという問題が発生します。

 

自宅でプリントをおこなうにはCD-ROMという形状でしかできないので、その旨も写真スタジオに
しっかりと伝えておきましょう。

 

自宅でおこなえばインク代とハガキ代しか掛からず、数多くの枚数にプリントして知り合いに
和装姿を披露しやすくなります。